人助けが仕事の占い師!自分が困った時はどうするの?

占い師は人の運勢や運命を電話占いなどで占ってどのようにすればさらに運が上がるのかなどをアドバイスします。また、特殊能力を持った占い師でしたら取り憑いた霊を祓ったり、死者との会話などを通じて人を助けるなどあります。主に人助けのイメージが占い師にはあると思いますが、自分たちが困った時は頼れる人がいるのでしょうか?

占い師は人助けが出来る素敵な職業

人は困った事や、プライベートな事、また霊的な不思議な悩みなどがある場合はなかなか人に話す事は出来ません。これを言ったら引かれてしまうかもしれない、友達がいなくなる可能性がある、会社で浮いた存在になってしまうなど、気をつけないといけないのです。

私たちはそのような世界で生きているのですが、占い師などは特殊な力があるのでそんな悩みでも大きな心と理解力で受け入れてくれます。占い師になる人の多くは、自分の能力を無駄にはしたくない!これでたくさんの人が助けられるのであれば本望だ!と思うような心優しい人たちです。しかしそんな占い師たちは自分も困ってしまうような事はあるのでしょうか?

占い師が困った時は誰に頼るの?

例えば、第六感の能力が長けている占い師がいたとしましょう。そんな人は霊が見えたり、話せたり、ちょっかいを出される事もあると思います。しかしその度に怯えたり、怖い思いをしてしまうと私生活に大きな影響が出てしまって、人助けをしている場合ではありませんよね?

そんな時は自分で自分を除霊したりする事は出来るのでしょうか?占い師の多くはまずは自分での解決方法を見つけようと努力をする方法を取るようです。しかしどうしても力が足りない!自分の体力が持たない!という事もあるようです。

そんな時は他の占い師の力を借りるという事もあるようです。力を合わせる事で、憑かれた時などは跳ね飛ばすしかないようです。時には瞑想の世界に耽って、自分自身で救う方法もあるようです。

占い師も私たちと同じ様に人生を歩んでいます

人助けばかりをしているようなイメージの占い師ですが、もちろん人間ですので自分にも問題は起こります。そして自分だけでは足りない!と感じた時は人の助けも求めるようですね。